2019/12/22

“サンスーシ”について

(※この記事はボードゲーム紹介Advent Calendarの22日目の記事として書きました。)

みなさん初めまして。北陸のピュアユーロ信者“サトウハヤト”と申します。短く“はと”と名乗っていたりもします。

毎年楽しく読ませていただく一方のこちらのアドベントカレンダーでしたが、今回初めて書き手のほうで参加させて頂きます。駄文にどうかしばらくお付き合いを。

昨日の記事は九州でボードゲームを楽しまれているKINUさんの個人的年間ベストの発表でした。ノミネートの5タイトルは私も納得のラインナップで読み応えがありましたね。(ところでヴァルシュの“深い谷の酒場”、正式な国内流通はないまま終わるのでしょうか。)





さて今回、私は“サンスーシ”というボードゲームについて紹介したいと思います。

“サンスーシ”はドイツ人のゲームデザイナー、ミヒャエル・キースリングが2013年にラベンスバーガー社から発表したタイトルです。

ミヒャエル・キースリングというと最近では“アズール”が大ヒットを記録したことでその名前をご存知の方も多いかもしれません。
他に“ヘブン&エール”や“リバーボート”などのデザインも手掛けており、ここ最近確実に知名度を上げていますが、本作は彼がまだそれほど有名ではなかった頃のタイトルで(あるいはクラマー&キースリングのネームバリューが強くて、あのクラマーの良き相棒としての認識が一般的だったかもしれませんね)、このゲームタイトルを初めて耳にするプレイヤーも少なくないかもしれませんね。

作品の舞台となった“サンスーシ宮殿”はドイツ北東部の都市ポツダムにあるサンスーシ公園にあるロココ式建築の宮殿です。1745年にフリードリヒ2世によって建てられ、1990年には世界遺産に登録されました。


因みに漢名は“無憂宮”(サンスーシがフランス語の“Sans Souci(憂いなし)”から来ているため)というそうです。


上空から見たサンスーシ宮殿。このように宮殿前が6段の美しい階層構造の庭園になっているのが特徴です。




ではゲーム本体を見ていきましょう。


ボックスです。アートワークはジュリアン・デルヴァル。馴染みのない名前かもしれませんが、チケットトゥライド(乗車券)などを手掛けたアーティストです。言われてみると“ああ、なるほど!”と納得される方もおられるかも。


ボックスの背面。


個人ボードです。9つの列(縦列)と6つの行(横列)からなる全54マスから全体の庭が構成されています。
列には“モチーフ”が、行には“色”が割り当てられています。行に書かれている1から6の数字は条件を満たした時に得られる得点を表しています。
54マスのうち15マスにはすでに庭タイルが描きこまれ、これはすでに庭タイルが配置済みであることを表しています。

この個人ボードは最大プレイヤー数と同じく4枚あり、それぞれに表裏があって全部ユニークなので開始時の庭は全部で8パターンあることになります。


中央に配置されるメインボードです。ちなみにコンポーネントのアートワークはデルヴァルに代わって(僕の大好きな)ハラルド・リースケが担当。


庭タイルです。このタイルを個人ボードのマスに配置していくことで各自が自分の庭園を作っていきます。


庭タイルの裏面。ローマ数字はプレイヤー人数により使用するタイルを選り分けるためのもの。例えば3人プレイならⅡとⅢを使うという具合。4人でプレイする場合もちろん全てのタイルを使います。

庭タイルは9種類のモチーフ毎に9枚あります。4人プレイの場合使うタイル枚数は全81枚となります。特にレアリティはありません。


この庭タイル、持ってみるとよく分かるんですが、しっかりとした厚みのあるもので、この分厚いタイルをパチパチと自分のボードに配置していくことになります。ユーロゲームに顕著な分厚いタイルは僕の好きなコンポーネントのひとつでもあります。


庭タイルをメインボードにセットし、ゲーム開始時のセットアップをしてみました。
手番では中央のカラーリングされた10個の枠内に配置されたタイルのいずれか1枚を選び、自分のボードに配置していきます。
周りには山札として適当にタイルが積まれています。


ゲーム開始時各プレイヤーに配られるカードです。全18枚。これらをシャッフルして各自の山札とした後、そこからドローして2枚を手札として持ちます。


カードの内訳。上から順に50点100点マーカー、自由選択、モチーフ9枚、色8枚で全18枚。

色カードをプレイすると2色いずれかの枠の中のタイルが選べます。つまりこのカードを使った場合常に4択ということになります。
モチーフカードをプレイするとそのモチーフが描かれたタイルのうちから1枚選ぶことになります。
自由選択はいわばジョーカーで、これを使った時のみ10枚の中から自由に1枚を選べます。貴重なカードなのでここぞという時にタイミングを見極めて使っていきたいカードです。


先程のメインボードをアップにしてみました。
階段のモチーフのカードを使うと場の2枚のいずれかが選択できます。噴水のカードであれば1枚しかないので選択肢はないことになりますね。
カードの使い方、タイルの選び方が分かって頂けると思います。


ゲーム開始時の個人ボード。このように上部に貴族9人を配置してゲームを開始します。

この光景、僕なんかは同じくキースリングが今年発表したばかりの新作“雅(Miyabi)”の灯篭コマを配置した時を想起してしまうのですがどうでしょう。同じタイル配置ですし、まあ少々強引ですが“雅(Miyabi)
”のルーツは本作にあるとかないとか、そういう仮説も可能かなと(まあ半ば冗談ですがw)。


プレイヤーは手番ではまずカードをプレイしてタイルを獲得し、それを配置します。

配置はそのタイルがあったメインボード上の枠の色とそのタイルのモチーフに合致したマスにのみ置けます。そのようなマスは1つしかないので配置場所における選択肢はありません。
またもしそのマスにすでにタイルが配置済みの場合、裏面の庭師の方を向けて対応する行か列のいずれかのマスに配置します。それも全て埋まっていた時に限り任意のマスに配置できます。


ゲームが始まって何枚か庭タイルが置かれた個人ボード。

カードをプレイし、タイルを配置したら、貴族を移動させます。この貴族の移動は任意で、毎手番必ず行うアクションではありません。

貴族はタイルに描かれた道に沿って、その列の、より下方(手前)に移動する必要があります。移動の途中で他の列に入ったり、上方に行くのは構いません。移動を終えた時に先程の条件を満たしていればいいわけです。


いちばん左の貴族を赤い線のように移動させてみました。これで4点獲得です。もうひとつ下のタイルまで移動すれば5点だったのですが、


次のラウンドでこのように移動すれば5点なので結果的にはこちらの方が高得点ということになります。このようにして得点を稼ぐのが本作のポイントのひとつなのです。

この後メインボードにタイルを補充し、手札を1枚補充したら手番は終了です。

こうように手番を重ねていき、全18枚全てのカードを使い切ったらゲームは終了です。(この“全てのカードを必ず使い切る”という点もまたポイントのひとつで、そのことを意識したマネジメントも本作の醍醐味のひとつですね。)

ゲームが終わると完成した行や列、そして話が前後してしまいましたがゲーム開始時に配られる2枚の指示カードにより得点できます。


こちらがその指示カード。
最初に配られる2枚の指示カードは最後まで自分だけが知り得る秘匿情報で、これらのカードが配られたあとで、最初の手番の前に、プレイヤーは個人ボードのどちらの面を使うのか選ぶこともできます。

因みに拡張も本体に同梱されています。


これがその拡張ボード。こちらも表裏2面あります。


拡張を取り入れる場合このように個人ボードにセットします。配置するマス、タイルに応じてボーナスやペナルティが発生します。


どうです?なかなか面白そうじゃないですか?シンプルで例外のない実にすっきりとしたピュアユーロであることが分って頂けたでしょうか。

残念ながら既に絶版で国内流通も終了していますが、中古であれば比較的安価で入手もしやすいと思われます。この記事を読んで少しでも興味を持って頂けたのであれば、一度はプレイする価値は十分にあると思います。





さて最後に蛇足といいますか、僕の本作に対する印象を少々。

このようにルール自体は簡単で分かりやすいファミリーゲームですが、パズルチックでインタラクションは希薄、また手なりでのプレイに終始しやすい傾向など僕自身の好みのコアな部分とはやや外れるというのが実は正直なところです。

ただそれは個人の好みの問題であり、端正で素直な完成度の高いピュアユーロ特有の輝きは発表から6年を経ても陰ることはなく、もし本作が話題にならないという理由でボードゲーム愛好者の記憶から消えていってしまうのはなんだか惜しい気がした事もあり今回このように紹介してみました。

実際本作は発表の翌年にSdJのリコメンドを獲得しており、それは本国ドイツでの評価の高さを窺わせます。
またあの(ピュアユーロには些か厳しい)BGGでレート7.1(2019年現在)というのも意外だったりします。

(それらを勿論否定するわけではありませんが)ここには派手な特殊効果やコンボも濃厚で魅力的なフレーバーもガチガチの競技性もヒリヒリするようなマゾヒズムもありません。ここにあるのはピュアユーロ特有の淡泊な味(そしてそれのみ)です。濃厚で高級なグルメ料理に食べ飽きてしまったなら、時にはこんな一汁一菜は如何でしょうか。

(この流れでピュアユーロの定義や魅力についても色々と考察してみたくなりましたが、話が長くなりそうなのでそちらはまた別の機会にでも…。)

明日はご自身がゲームデザインもされているあかしあさんの記事です。こちらも楽しみですね。では!

2015/09/30

UDA9月ゲーム会(2015/09/26)

月1のペースで毎月開催している土曜日のクローズ会でプレイできたタイトルの感想です。

見事KDJに輝いたペリカン&プフィスターの“ブルームサービス”。

“魔法にかかったみたい”から継承されたトリックテイクのマストフォローさながらのメカニクスと“強気/弱気”という強弱二段階あるアクション。このふたつをうまく融合させることで本作ならではの妙味を産み出すことに成功しているのが非常に印象的。

ボード上の状況をよく分析した後に、他人の動向やリターンを考慮した最適な行動などを考えたうえでのアクションプロットの悩ましさ(ジレンマ!)と、当初の思惑通りに事が運んだ時の爽快感は得難いものがあり、なるほどKDJも納得の出来の面白さ。Positive-

自コマが二つあるのが良い点で、これにより視野が広がるというか余裕が生まれるというか、選択肢が広がり、また時には事後の策として保険にもなり得、いい意味でアクションプロットにおいて嫌なプレッシャーを低減させているように思いました。

つづいて“ルイスクラーク探検隊”のダイスバージョン、“ディスカバリーズ:ルイスクラークの足跡”。

手番でまずは二択のアクション選択。A)ダイスの配置、B)ダイスの回収&ダイスロール、のいずれかを選択する。

ダイスには自分の色、他人の色、中立の色の3つがあり、そのどれもが等しく自分のアクションに利用できるが、他人の色のダイスはそのプレイヤーが手番でBを選択した時に有無をいわさず回収されてしまうリスクがあり、この辺りの興味深いメカニズム、ダイスの動きが本作ならではのインタラクションを生んでいるのがひとつの注目点。

地味で華やかさには乏しいが、地に足の着いた良質なやや軽めのゲーマーズゲームという印象で、これはこれでしっかりゲームとして完成している。Positive-

前作にあたるボード版は僕にはトゥーマッチですでに放出済みだが、高い収束性もあって、本作はリプレイ欲求も高く、今後もちびちびとプレイしていきたい味わい深い一品になり得そう。

クレメンス・フランツの味わい深いアートワークを纏った、本国で発売されたばかり、日本国内流通はまだ始まっていない今エッセンの新作、“スカイアイランド”。

“ブルームサービス”のペリカン&プフィスターの最新作は値付け&タイル配置。

袋から引いた3枚のタイルについて2枚は値付けし、1枚は廃棄、これを各自の衝立ての中で秘密裏に行う。この処理を終えたら衝立てを外してスタPから他人のタイルを(望むならその値段で)購入し自分の場に配置するという流れ。他人に買われなかったタイルは責任もって(笑)自分で購入する。

この根本となる(というか寧ろこれしかないとも言える)エンジンひとつで不満点や諸問題が解決されており、洗練された2015年型最新のピュアユーロタイル配置ゲームの座を獲得しているという印象。Cで始まる名作タイル配置ゲームが短くない年月を経てここまで来たのだという感も。Positive-

ルックアウトというとローゼンベルクをはじめとした重量級が多い印象があるけれど、本作は全6ラウンドがあっという間で、この収束性こそが今日のピュアユーロということだろうか。

毎回異なる決算のタイル(リプレイアビリティに貢献!)とラウンド毎に決められたオンの仕組みなども素晴らしく、そこから実は存外高い競技性も感じる。

大きな話題となったデビュー作“宝石の煌き”のマーク・アンドレの第二作“バロニィ”。

真価を問われるのは第二作ということで、僕自身かなり注目していた本作をこの日ようやく初プレイ。

評判のとおり運要素のないマルチな多人数アブストラクトで、切れ味の鋭い日本刀のような、一切の言い訳を否定するかのような佇まいにはおそらく好き嫌いが分かれるのではないかと。

微妙に調整されたカタン式の初期配置や得点の加算方法、各種ユニットの特質など(唯一の可動するコマ騎士は若干色が薄い点などは実に細かい配慮!)に作者マーク・アンドレのチューニング魂を感じてしまうのは私だけ?

ゴールという一点をめざして、そこまでひたすら無駄のない一手を打ち続けないといけないという感触から僕などは“ああこの辺が宝石の煌きそのものじゃねえか”と感じいった次第で、この辺り例えるなら陸上トラック競技ではもっとも辛い400とか800なんかの中距離走をイメージしてしまうのですよね。だからこの人のゲームはなんだかとっても辛い(笑)。

純粋な思考型のテーブルゲームで、好きな人にはたまらない魅力はあるかと。まあ強い人には一生勝てないタイプだろうけれど。ただ完成度は間違いなく高い。が評価はやや厳しくNeutral+

たった4ページのルールの潔さである。

クニツィア2002年のタイトル、“ドラゴンズランド”。

二つの六面体ダイスを使った変型すごろく&セットコレクションの佳品。

ボックスアートやタイトルもそうだが、見た目が(まあそして実際のところ)ゼロ年代の良質な間口広めのファミリーストラテジということもあって、当初ダイスは普通の6面体ダイスだと信じて疑わずに(まあそりゃそうだw)プレイしていたのだけれど、出目がどうも偏ってるなあと参加者一同が疑問に思い、検証したところ実は二つともかなり出目がデフォルメされているユニークの変型6面体ダイスであることが発覚し、全員が驚いたあの瞬間が実はこの日のハイライトだったかも(笑)。

クニツィアですし、緻密な確率計算のもとにこうなったのでしょうね。いや流石は一流のデザイナーだなあ、と感心するなど。抜かりないですよ、ほんとに。

そのダイスの貢献も大きかったのでしょう、ゲーマーのみでのセッションは中だるみもなく、ピリリと終始締まった展開で、終了のタイミングをめぐる駆引きも熱いものが。Neutral+

自分はずっと割と上手くいっている(勝利にも絡めている!)と思っていたのですが結果は散々で、敗因がどこにあったのか、翌日もぼんやりと考えていたりしました。

あと久しぶりに“イリウム”がやりたくなったり。昔よりほんとクニツィア好きになったなあとw

同じくクニツィア、こちらは2008年作“キャステラーズ”。

インパクト十分の木製コマからバランスゲー臭や下手するとネタゲー臭すら感じてしまいますが(まあそれもしょうがないw)内実はルールがしっかり機能しているファミリーゲーム。

手番では3種のアクションから2つのアクションを実行。潔く簡潔した塔(人間の!)の組み立てルールや程良い他者との絡みからの良質なインタラクション、何かしら有用でほぼ無駄にはならない点に起因していると思われる木製コマの巾着袋からのドローも運要素はちょうどいい塩梅という印象で、いやはやトータルに良く出来た隠れた佳作。Neutral+

絶版で入手が難しいのが残念ですが、クニツィアはいま国内版オリジナルでの再版がブームだし、これなんかもいいんじゃないですかね、と思ったり。

袋の中に手を突っ込んでゴツゴツとした大きめの木製コマを引っ張り出してくるこの感覚こそアナログゲームならではの魅力!

そして最後にワレスの“ラ・ストラーダ”で〆ました。

ワレスにしては珍しいくらいの軽めの(陣取り要素強めの)ネットワークビルド。

アクションポイントによるコストの支払いで“道”を引き目的地をつなげることで得点源とします。

非常に簡潔に整理されているルールに起因しているのでしょう、プレイ感は軽快といってもいいくらいですが、強い強いインタラクションやなるほどあの“蒸気の時代”の作者だなとはっとする瞬間もあるなどジレンマや思考性は十分に確保されており、おやおやワレスはこういうのも作れるのだなあ、と。Neutral+

コスモスからの出版ということもあってか、本作はもっぱらピュアユーロそのもので(しかも2015年の今プレイしても十分面白い)、そこにワレスの多面的な魅力を確認することができたのはこの日の収穫のひとつだったかと。こうなると未プレイのまま棚に眠っているもうひとつのコスモス発ワレス“チロス”も俄然プレイしたくなってくるわけです。


以上この日はこの他カードゲームをふたつプレイ。テーブルゲームの持つ豊かな魅力をたっぷりと堪能できた実りある一日でした。

2015/03/17

シュリンクを斬る!㊶ “ネプチューン(Neptun)”の巻

ディルク・ヘンが昨年のエッセンにて発表した新作“ネプチューン”の箱を開けたのでこちらでレポートします。

もはやすっかりお馴染みとなったクィーンの大箱です。

しっかりシュリンクがかかってます。

それではシュリンクを切ります。

ズブズブ…

できた切れ目からシュリンクを剥がします。

バリバリ…

ムシャムシャ…

はいシュリンクを取り払いました。

作者ディルク・ヘンのクレジットと真っ赤なタイトルロゴ。

お馴染みクィーンのロゴも。

仕様の表記。おやドイツ語のみ?

ボックス裏面。

作者やアートワーク担当者のクレジットが。

製造はEU。クィーン社の住所も。

それでは箱を開けます。

ぐぐぐ…

ぱかっ。

一番上に入っていたのはルールブックでした。

ルールブックを取り出しました。

珍しくドイツ語のもの1冊のみ。ボックスの表記のとおりです。

つづいてゲームボード。

取り出しました。

四つ折りです。

広げてみました。正方形のボードです。

美しい地中海が描かれたマップです。

ボード裏面。

この人がタイトルにもなっているネプチューンでしょう。

つづいてパンチングシート。

広げてみたところ。

全てのタイルを打ち抜きました。

これが“契約チャート”。

裏面にはプレイヤーカラーが刷られています。

コインです。通貨としての単位は設定されていないようです。

左が“距離マーカー”、右の船は“ボーナスタイル”。

“得点タイル”です。

裏面にはこの通り地域とラウンドが。

それぞれを小袋に仕分けました。ちなみにダイソーの2番を使っています。

つづいてカードです。

フィルムを剥がします。

このとおり。全部で110枚。

全部で3種類。

都市カード30枚。

商品カード30枚。

オールカード50枚。

裏面はこの通り。

カードは3種ともまとめて一袋に。

そして木製駒。

検品も兼ねて並べてみました。欠品はなし。

ゲーム開始時に各プレイヤーに支給される“船”。

そして“プレイ順マーカー”と“神殿トークン”。

特に分けることもせず小袋にまとめて納めました。

箱にコンポーネントを納めます。

こんな感じで上段、下段で分けてみました。

ボードで蓋。

最後にルールブック。

終了。

地中海を舞台にした軽中量級の交易ゲームの登場です。ノンテキストのピュアユーロ、プレイが楽しみです。